七尾の農家民宿「農遊庵」

 石川県能登半島の中ほど、七尾市和倉温泉に隣接する海辺の農家民宿です。

 当地は昔、半農半漁の集落で七尾湾を漁場に漁をし、耕地が少ないため隣村に耕地を求め出作りしていました。そのため海辺でありながら農家があるのです。

 トップの写真は農家民宿「農遊庵」から歩いて10分、真宗大谷派 養泉寺がある高台から見た風景です。黒瓦の街並み、七尾湾、能登島、立山連峰が一望出来ます。

 特急電車が停車するJR和倉温泉駅、能登空港、能越自動車道からのアクセスが良い農家民宿です。農遊庵を拠点に和倉温泉での湯治や能登巡りをしてみませんか。

「能登の里山里海」は世界農業遺産

 平成23年(2011年)6月、「能登の里山里海」が佐渡島とともに日本で初めて世界農業遺産に認定されました。世界農業遺産には、伝統的な農林水産業とそれに関わって育まれた文化も含まれています。

 豊作豊漁を願い、巨大な燈籠(とうろう)を担いで練り歩く「キリコ祭り」など農林水産業にまつわる祭礼が能登の各地で行われています。「キリコ祭り」の一つ、石崎奉燈(ほうとう)祭は当地の祭りです。青森のねぶた祭りに負けるとも劣らない勇壮な祭りです。

農遊庵外観

農遊庵内部

農遊庵別館

 別棟の納屋を改装して囲炉裏を造り、かまどを設けました。

 当地は昔、半農半漁の漁村で昭和30年代まで居間に囲炉裏があり、炊事や暖をとっていました。柱や天井は煤で真っ黒になっていました。

「鎌倉すざく」の塗炭で柱・天井を黒く塗装し当時を再現しました。

 囲炉裏に自在鉤を取り付けてあります。炭火で鍋料理や魚を焼いて食べることが出来ます。かまどの羽釜でご飯を炊いて食べれます。

農遊庵概要

 農遊庵は和倉温泉の隣、石崎漁港近くに平成29年(2017年)3月開業しました。一日一組(1~6名)限定、素泊まりに特化した農家民宿で食事は自炊又は外食となります。

 台所は自由に使えます。車で5分の所に業務用スーパーがあり刺身など生鮮食品を購入することが出来ます。徒歩5分の所には美味しい中華料理店があり食べに行ってもいいし、出前を頼むことも出来ます。

 ここではご希望があれば農業体験することが出来ます。(田植、稲刈り、野菜収穫、まき割り、かまど炊飯等)

 車で5分の圏内に和倉温泉総湯(共同浴場)やテニス場があり利用出来ます。

 近くの能登島大橋を渡って能登島へ行けばイルカウオッチング、シーカヤック、魚釣りが楽しめます。釣り竿はお貸しします。

                     (令和3年6月 農遊庵主人 道下 利信)

 

農遊庵付属施設

 農遊庵とは別棟の建物の中に自転車を保管することが出来ます。サイクリストの大事な自転車を雨露にさらすことなく、盗難いたずらの心配は不要です。

 

主要施設

JR和倉温泉駅

和倉温泉総湯(共同浴場)

和倉温泉運動公園テニスコート

 

農遊庵周辺

養泉寺

 農遊庵から徒歩10分。途中から坂道になる参道を上ると養泉寺があります。寺では、毎朝午前5時に鐘楼の鐘を突く体験が出来ます。「南無阿弥陀仏」にちなんで6回突いています。午前6時30分から朝のお勤めが20分あり住職らが正信偈などを読経します。どなたでも本堂に入ってお参りすることが出来ます。仏教に触れ、心を癒してみませんか。

 

交通アクセス

  • 能登空港からレンタカー利用で45分
  • 特急停車駅のJR和倉温泉駅から徒歩15分
  • 能越自動車道七尾城山インターから20分

ご利用料金

  • 小学生以上1人一泊3,850円です。
  • 連泊で布団カバー等の交換が無ければ連泊分は一泊3,000円と致します。
  • 未就学のお子様の宿泊料金は頂きませんが、寝具布団を利用する場合は1,000円を頂きます。
  • アルコール類は持ち込み可です。持ち込み料金は頂きません。  

ご了承事項

  • チェックイン16:00 チェックアウト  9:00 
  • 屋内は禁煙となっています。
  • 浴衣、バスタオル、歯磨きは備えていませんのでお客様でご用意下さい。
  • エアコンは完備しておりません。夏場は扇風機、冬場は石油ストーブ対応となります。

お問い合わせ先

 携帯電話番号 090-2035-3100(SMSのメール可)

 日中、農業機械で作業をしている場合、着信に気付かない場合があることをご理解下さい。